AIで書いてみる、大学入試英語の長文読解紹介 その1

こんにちは。代表の斎藤です。

さて、最近AIの進歩が著しいですね。

「いよいよAIに仕事をとられてしまう」「AIをどう使うかが重要だ」

という言葉をよく耳にするようになりました。

私の中では「本当に使えるの?」という思いもあります。

まぁ、教育者として使ってみないことには、やってみないことには始まりません。

使ってみましょう。

 やってみないとわからない

早速、「AIで書いてみる、大学入試英語の長文読解紹介」というお題で文章を書いてみました。

出力された文字数は8500字w出力時間5分、、、やばいですね。

圧倒的です。

あとは、これをどう料理するか。

それは、私の腕ですね。

それでは、これから8回(途中他の方のコラムも挟みますが、、、)、

AIと私の初めての共同作業をお楽しみください。

これうまくかけたら、先生方取り入れるべきです。

~以下本題~

文系、理系に関わらず、求められる「英語」。

外国の言葉であるからこそ、苦手に感じている生徒がとても多く、受験における大きな壁の一つにもなっています。

しかし、正しい学習法やテクニックを知ることで、必ず乗り越えられる壁です。

複数回のブログ記事をとおして、大学入試英語の長文読解へのアプローチ法を中心に解説します。

勉強の進め方や、効率的な学習法、長文読解のテクニックなど、様々なポイントを押さえつつ、早速実践できる具体的な方法を提供します。

心構えから始まり、基礎力の築き方、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングと、英語学習全般をカバーした内容となっております。

これから大学入試に臨む皆さんのお役に立てるよう、実践的な情報をお届けします。

 1. 大学入試英語への臨み方

大学入試英語に対する取り組み方は、失敗を恐れず何度も挑戦し経験を重ねることが大切です。

一度の失敗は次へのステップであると捉え、常に前向きな気持ちを保つことが求められます。

また、すべて自分一人で解決しようとせず、教師や友人、家族など周囲の人々に助けを求める勇気も必要でしょう。

さらには、自分自身の学習スタイルを理解し、それに合った学習方法を見つけ、基礎力をしっかりと固めることが不可欠です。

1.1. 合格へのメンタリティ

大学入試英語に合格するためのメンタリティは、難易度の高い問題でも冷静に対処できる強さと前向きなチャレンジ精神が求められます。

また、必要な知識とスキルを身につけるための長期間にわたる集中力と持続力も必要です。

エネルギーを無駄にしないためにも、自分が何を学びたいのか、何を達成したいのかという明確な目標をもつことが大切です。

そして、その目標を達成するための小さなステップを設定し、それぞれを達成するたびに自信をつけていきましょう。

さらには、自己評価も大切で、自分の弱点や課題に対して真摯に向き合い、改善策を見つける姿勢が求められます。

1.2. タイムマネジメントの重要性

大学入試英語におけるタイムマネジメントは非常に重要です。

特に、語彙や文法の学習、長文読解の練習、リスニングの鍛錬など、多岐にわたる項目を効率的に学習するためには計画性が必要です。

日々の学習スケジュールを作成し、それを守ることで、学習時間を最大限に活用すれば確実に知識が身につきます。

また、休息時間も大切にし、無理なく継続できるスケジュールを考えるのがよいでしょう。

特に苦手な分野や課題解決のために時間を多く割くことも有効です。

1.3. 効率的な練習法の概要

効率的な練習法といえば、適切な問題集を使用し、自分の理解度やスキルを実際に試すことが重要です。

また、理解が浅い箇所や誤答した問題を見つけては、その原因を探求し解決策を見つけるプロセスの繰り返しが必要不可欠です。

これには自己反省の時間と改善に向けた具体的な行動計画が必要になります。

英語力の実際のレベルを把握するには、定期的に模擬試験を解くこともおすすめします。

模擬試験を解くことで、自分の実力を試し自分の立ち位置を確認するだけでなく、

実際の試験状況に対する緊張感にも慣れていくことができます。

~今回はここまで~

「その1」のみにかかった時間は5分です。

助詞の使い方など気になることは随所に見受けられますが、誤字も少なく、なかなか使えますね。

たしかに、これはAIをうまく使うことができると生産性がかなり上がるかもしれません。

関連記事

  1. 休校中の不安をできるだけ取り除くには

  2. レンジで一発!鶏ももレンチンチャーシュー

  3. AIで書いてみる、大学入試英語の長文読解紹介 その2

  4. 【中高生向け】今すぐやりたい定期テストの勉強法

  5. AIで書いてみる大学入試長文読解 その5

  6. 子ども・生徒・部下との人間関係に困ったら読む本 〜先生のため…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。