【中高生向け】今すぐやりたい定期テストの勉強法

こんにちは。初めまして。高橋英克と申します。 

高校英語と、中学生に5教科を教えております。 

中学生に対しては、個人塾で全教科教えつつ進学指導等もしてきた私ですが、
今回は
私ならではの観点で定期テストの勉強をお伝えしたいと思いました。 

さて、今この記事を読んでくださっているのは中高生がほとんど(と願う)で、  

  • 定期テストが迫っている
  • テストまでまだ少し期間あるけど今すぐできるならやりたい 
  •  定期テスト終わったばかりだけど意識は高い 
  • もっと定期テストに向けてがんばって勉強してほしい(と願う先生や保護者) 

そんな方々じゃないでしょうか。 

 定期テストの対策で一番大事なこと 

 どんなタイミングの方でも必要なことなんで一番大事なことを伝えておきます。 

それは、「学校の授業をちゃんと聞く」ということです。 

当たり前ですよね。 

学校の授業内容がテストで出されるのに日頃学校の授業を聞かないとかありえないですよね・・・ 

 そんなことはわかってる。

という方もいれば、

「あ、そっか!」

と思った方も正直いらっしゃるのでは? 

塾で勉強をやらされていて、なんだかんだで眠るのは24時をすぎて寝不足のまま学校に行って授業中に寝る 


 そんなことでテストで点数が取れるわけがありません!! 

 

どうすれば授業を「ちゃんと」聞けるのか 

ではどうすれば良いのかということですけど、

まずはご自身でも考えてみてください。 

どうすれば授業中に寝ることなく、先生の話を理解できるのか。 


 

  • 先生の話、メモをとって聴いていますか? 
  •  授業でわからないところ気になったところ、先生に質問していますか? 
  •  授業で教わった内容を、1週間以内に問題集を使って演習していますか? 

つまるところ、テスト前だからと慌てて勉強するのでなく、 

日頃からちゃんと学んだ内容を定着させているのかということですよ。 

だからまずは、勉強時間を確保してほしいのです。 

1日のうちのどの時間帯で勉強するかを決めてほしいのです。 

日頃全く勉強できていないのであれば、まずは10分からでも1教科からでもいいです。 

始めること、やることが大事です。 

そこから少しづつ時間と科目を増やしていきましょう。 

 「That’s one small step for a man, one giant leap for mankind. 」

-Neil Armstrong(ニール・アームストロング) 

これは1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩である 

 人類で初めて月面に降り立った宇宙飛行士、ニール・アームストロング船長の名言です。 

あなたの踏み出す一歩が、人生を大きく飛躍させるかもしれませんよ。 

 ★高橋先生の著書★

関連記事

  1. 子どもの夢を応援するために 〜先生のための映画レビュー『グラ…

  2. ツ・ブ・ス

  3. 勉強が好きな先生どのくらいいる?

  4. 諭吉さん

    「学問のすすめ」を読んで

  5. AIで書いてみる、大学入試英語の長文読解紹介 その2

  6. 類は友を呼ぶ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。