AIで書いてみる大学入試長文読解 その4

こんにちは。代表の斎藤昴です。
回を重ねてきました。
もはや誰か読んでいる人はいるのか?
単にSEOのためにやっているのか?
目的がわからなくなってきましたが、徐々にアップしていきます。

今回からいよいよ本題です。

 5. 長文読解のテクニック

大学入試英語の対策として、特に力を入れるべき領域の一つが長文読解です。

このスキルは単純な情報の理解を超え、各段落の主要なアイデアの把握や複数文節の関連性の理解を必要とします。

つまり、単に英語を読み解くだけでなく、その背景にある論理や意図にも目を向ける必要があるのです。

本記事では、そのような長文読解のテクニックについて詳しく解説していきます。

大学入試英語は四技力の均等な向上が求められますが、その中でも特に読解パートの難易度は高く、総合的な英語力の習得が必要となります。

具体的な技術としては、

  1. 読解速度を向上させる方法、
  2. 主要なアイデアをつかむ方法、
  3. 該当範囲で答えを見つけるスキル

などが挙げられます。

5.1. 読解速度向上のコツ

英語の長文読解では、一定の速さでテキストを読み進めることが求められます。

これは、時間制限のある試験状況下では特に重要な要素となります。

しかし、読解速度を向上させるためには、単語の語彙力を増やすだけでなく、各文の文脈を理解し、効率よく情報を得る能力が必要です。

また、全ての箇所を細かく読み進めるのではなく必要な情報だけを素早く見つけ出すスキルも重要となります。

これらは、長文を読む際の流れを掴むことや、前後の文節の関連性を理解することで培うことが可能です。

5.2. 主要なアイデアをつかむ技術

長文の内容を理解するためには、各段落のにおける筆者のアイデアやポイントを理解することが肝心です。

これには、具体的な事実や詳細を覚えるのではなく、より大きな視点で全体的なメッセージを捉えるスキルが必要です。

たとえば、段落の最初の文や最後の文を特に重視し、それぞれの文がどのような役割を果たしているかを把握することが効果的です。

また、一般的には、段落の中で最も重要な情報は最初または最後に位置することが多いため、それらの部分を重点的に読解することで、より効率的に主要なアイデアをつかむことが可能となります。

5.3. 該当範囲で答えを見つけるスキル

問題文に対する答えを見つけるためには、テキスト内の該当範囲を特定することが重要です。

これには、キーワードの特定や段落の主要アイデアの特定が役立ちます。

また、問題文の解答選択肢を見てからテキストを読むという「逆解読法」も有効です。

これにより、関連する情報を効率よく見つけ出し、解答に必要な情報を精確に抽出することが可能となります。

このように、長文読解のテクニックは単に語彙力や文法知識だけでなく、

効率的な読解スキルを身につけることで、限られた時間内での高得点獲得につながります。

関連記事

  1. 勉強が好きな先生どのくらいいる?

  2. AIで書いてみる大学入試長文読解 その5

  3. ほめる。ほめちぎる!学校の先生に学ぶ「ほめ方」

  4. 子ども・生徒・部下との人間関係に困ったら読む本 〜先生のため…

  5. 諭吉さん

    「学問のすすめ」を読んで

  6. 予備校講師が教える高校「生物」の勉強法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。