休校中の不安をできるだけ取り除くには

新型コロナの影響で学校が休校になり

ずっとお子様が自宅にいる状況がしばらく続いています。

ただ家にいるだけで

YouTube、PUBG、あつもりetc…

ひたすら、ぐだぐだ過ごしているお子様も多く

保護者の方々は

子供の今後が不安でしょうがないと思います。

「どうしたらお互いストレスがたまらないよう、有益な時間を過ごせるか」

1.勉強だけが学びではない

学校も休みだし、なんとか勉強させたい

という気持ちはわかります。

このタイミングでできることは勉強だけではありません。

家事の知識などを増やしてあげる絶好の機会です。

ここで大事なのは

「家事をやらせる」のではなく

「家事の知識を増やす」ことです。

ただ暇だから家事を手伝いなさいと言ったとしても、勉強と同じくめんどくさがってやらないお子様が多いはずです。

洗濯物の畳み方だったり

野菜の切り方だったり

普段見ない細かい知識を教えてあげたほうが

興味を示します。

洗濯物畳んどいて〜

ではなく

洗濯物を「一緒に」畳む

ことが大事です。

2.休校期間はむしろチャンス!?

休校期間、ぐだぐだ過ごして勉強をしないお子様は自分のお子様だけではありません。

むしろ、割合的にはかなり多いはずです。

なので今この期間に少しでも勉強することが他の子との差を生みます。

差がつきやすいということは、むしろ差をつけるチャンスなのです。

大概がオンラインでの授業になっているため

しっかりと手を動かして文字を書く

と言うことが極端に少なくなっています。

学校の勉強じゃなくてもいいです。

まずは、計算問題や、英単語など

少しの時間でも書かせることを心がけてください

3.子供をうまくのせる、ルーティンを作ってあげることが大事

ただただ勉強をしなさい!というと

反抗されて喧嘩になり

結局勉強もしないし

お互いのストレスにしかならないことになります。

先ほど言いましたように

「普段ならもっとやらないと差はつけられないけど

今なら少しやるだけで、簡単に差がつけられるから

少しだけ勉強しとこう」

餌を与えるのは物じゃなくてもいいのです。

明確な利益を示してあげるだけで

勉強に取りかかりやすさは

かなり変わってきます。

どうしても勉強は

後でいいやとなってしまいがち

そんな生活が続くと

なかなか元の生活に戻すのは

かなり大変です。

そうならないよう1日のルーティンを作ってあげましょう

お昼は家事の手伝いを一緒に

晩ご飯を作ってる間は勉強

など簡単1日のルーティンを作ることで

後回しにして結局やらないということを極力少なくすることが大事です。

大変な時期だからこそ

ストレスのない有益な時間を目指していきましょう。

関連記事

  1. 守破離

  2. ほめる。ほめちぎる!学校の先生に学ぶ「ほめ方」

  3. 【人との繋がり】役割分担 教育にも「チームワーク」は必要 反…

  4. 類は友を呼ぶ

  5. 小説の読解問題に強くなる!? 〜先生のためのアニメレビュー『…

  6. AIで書いてみる、大学入試英語の長文読解紹介 その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。